マッチングアプリのドタキャンされた!理由と対策を徹底解説

マッチングアプリのドタキャンされた!理由と対策を徹底解説

週3でマッチングアプリで女子と会っているせっせゴリラです。

「マッチングアプリでよくドタキャンされるんだけど理解できない。こういう人ってどうしたら回避できるの?」

こんな疑問にお答えします。

マッチングアプリを使っていて、絶対にあるのが「ドタキャン」

僕も何回も経験していますので、絶対あなたも経験するはず。というかすでにしているかもしれませんね。

あることをすることで、ドタキャン率をかなり下げることに成功しました。

ドタキャンする女子の心理を知り、対策することで防止できるので、この記事で詳しく紹介します。

この記事が役立つ人
  • よくドタキャンされる人
  • マッチングアプリ初心者

マッチングアプリでドタキャンする女子の心理

マッチングアプリでドタキャンする女子の心理

良い感じにメッセージでやり取りをしていたのに、ドタキャンされてしまった。

ドタキャンした理由がいくつか考えられます。

ドタキャン理由
  1. 仕事が理由でキャンセル
  2. 面倒臭くなってキャンセル
  3. 不安と少し怖くなってキャンセル

仕事が理由でキャンセル

仕事が理由なら、連絡が来るのが普通です。

「すみません、今日突然仕事が入ってしまって、別日にズラせませんか?」

謝罪があり、女子から別日にアポをとってきてくれたら、まだ大丈夫。

「すみません、今日突然仕事が入ってしまって、会えなくなりました」

謝罪があるけれども、別日にするような言葉もなければ、その女子は諦めましょう。

面倒臭くなってキャンセル

この理由では、連絡しても返信が来ない場合が多いです。

ドタキャンした女子に問題もありますが、会うまでの過程で女子を楽しみにさせるような会話ができなかったあなたにも非があります。

「用事ができて、今日行けなくなりました」

とメッセージで言われることも多いですが、あなたと会うよりも大事な用事があるということです。腹立ちますよね。

不安と少し怖くなってキャンセル

この理由では、「連絡しても返信が来ない」または「退会される」場合が多いです。

マッチングアプリ初心者の女子って結構多いです。

メッセージのやり取りしてから会うまでの期間が早すぎたのか、マッチングアプリ慣れしてそうな男子と見られたのか。

上記のような感じだと女子は怖くなってしまう可能性大ですね。

マッチングアプリでドタキャンされないための対策

マッチングアプリでドタキャンされないための対策

僕がッチングアプリを始めた頃はよくドタキャンされまくっていましたが、コツを掴んできてドタキャン率をかなり低くできるようになりました。

この方法を友人に教えたところ、友人もドタキャン率を低下させることができたので、あなたもドタキャンされづらくなることでしょう。

マッチングアプリ初心者のフリをする

女子側にマッチングアプリでたくさんの人と会ってそうと思われたら終わりです。

マッチングアプリ歴については、女子に明言することは避けましょう。

以下のような会話をすると良いかもです。

「こういうインターネットを使って、人と会ったことがないので、正直緊張します。笑」

「お互い、緊張だったり少し怖かったりする部分もあると思うから、最初はお昼の時間帯でどこかのカフェでお話しましょ。」

こんな会話をすると女子側が少しホッとするので、オススメですよ。

会う時間と場所

会う時間はお昼の時間帯で、場所は女子の住んでいるところから近いところが良いでしょう。

夜の時間帯だと、カフェではなくお酒を飲むことになると思いますが、初対面でお酒飲むのは女子にとってハードルが高いです。

夜の外出は億劫おっくうな時間帯でもあるため、ドタキャン率が高めになります。

場所もあまり遠めなところだと、面倒臭くなり行きたくなりますよね。

会う前に電話をする

  • メッセージだけのやり取りしただけの人
  • 電話もしたことがある人

あなたならどちらの人ならドタキャンしやすいですか?

メッセージだけのやり取りしただけの人の方がドタキャンしやすいですよね。

なんでもいいので、会う日までには電話をすることが大事です。

マッチングアプリでドタキャンを防いで会う確率を高めよう

マッチングアプリでドタキャンを防いで会う確率を高めよう

ドタキャンを防ぐことで時間と労力が無駄にならずにすみます。

マッチングアプリを使うなら、しっかりドタキャンを防いでガンガン会っていきたいですね。

今回紹介した記事でいちばん大事なのは「会う前に電話をする」です。

これだけでかなりドタキャン率は下げられるので、ぜひ実践してみてくださいね。